張康恵インスタ「借金を断った母親が許せなかった」曇野市

張康恵事件

2021年3月29日、長野県安曇野市で、母親を殺害し住宅に火を付けたとして現住建造物等放火と殺人の疑いで、長女の住所不定、無職、張康恵(ちょう・やすえ)容疑者26歳が逮捕されました。張やすえ容疑者のInstagram(インスタグラム)やフェイスブック、ツイッターなどSNSや、現場の住所、国籍、犯行動機、事件の詳細などをまとめていきます。この記事は追記・更新されます。

張康恵容疑者のインスタを調査

張康恵容疑者は、SNSをやっているのか調査しました。まずはインスタのアカウントを探してみました。インスタで張康恵と検索すると、漢字の同姓同名アカウントが2つと、ローマ字の同姓同名アカウントが1つありました。

張康恵,インスタ

まず1つ目のアカウントを確認します。

張康恵,インスタ

1つ目のアカウントは非公開アカウントでした。顔画像は登録されていましたが、内容が確認できず、張康恵(ちょう・やすえ)容疑者と特定できる根拠が無いため公開は控えます。続けて2つ目のアカウントを調べます。

張康恵,インスタ

2つ目のアカウントは、画像が設定されておらず、投稿も無いので本人のものと確認できませんでした。最後のローマ字のアカウントを見てみます。

張康恵,インスタ

こちらも情報は何もありませんでした。インスタで一致した3つのアカウントを調べましたが、インスタでは張康恵(ちょう・やすえ)容疑者のアカウントを見つけることができませんでした。

また、母親の張明亜さんの名前でも漢字とローマ字でインスタのアカウントを検索してみましたが、該当するアカウントはありませんでした。

続けて、張康恵(ちょう・やすえ)容疑者のフェイスブックを調査しました。フェイスブックで、張康恵と検索してみると、該当するアカウントは一つもありませんでした。

張康恵,フェイスブック

続いて「cho yasue」と、ローマ字で検索しました。

張康恵,フェイスブック

すると、4つのアカウントがヒットしました。

一つずつ確認すると、4つのうち1件は住所が海外の為、別人と判断しました。残りの3つは、投稿がなく、情報が少ないので、張康恵容疑者のものと特定できるアカウントはありませんでした。

張康恵,フェイスブック

最後に、ツイッターを検索しました。張康恵と検索すると、同姓同名のアカウントが1つありました。

張康恵,ツイッター

このアカウントを見てみると、44件のツイートがありましたが、非公開アカウントの為、張康恵容疑者を関連する情報をえることができませんでした。

張康恵,ツイッター

同姓同名で、プロフィール画像も張康恵(ちょう・やすえ)容疑者と年齢が大体一致しますが、本人と特定できる根拠が無い為、公開は控えます。

張康恵(ちょう・やすえ)容疑者は、26歳なので、何かSNSをやっていてもおかしくない年齢です。それとも、無職で住所不定ということから、SNSをやっている余裕などなかった可能性もあります。

引き続き、張康恵(ちょう・やすえ)容疑者のツイッター・フェイスブック・インスタなどSNSのアカウントの特定調査を続けていきます。

【追記】張康恵容疑者のツイッターを特定

張康恵容疑者のツイッターを特定しました。

張康恵,ツイッター

張康恵

前項で紹介した張康恵のアカウントが本人のものでした。

張康恵,ツイッター

張康恵の顔画像

このアカウントは非公開で、投稿を見ることができません。ツイッターの顔画像の張康恵容疑者は少しメイクが濃い印象を受けますが、凶悪犯のような顔つきではありません。

週刊女性プライムの取材によると、張康恵容疑者は近所や学校ではスラリとした美人で秀才なこと有名だったようです。

ヤッちゃんは小学生のころからスラリと背が高くて、きれいでした。友達が自然と集まってくる、みんなの輪の中心的な存在でした(同級生の証言)

張康恵容疑者の父親は大手メーカーのエンジニアで、母親はいい奥さんと評判の良い専業主婦でした。張康恵容疑者には妹がいて、妹は国立大学を卒業後、関西方面の大学の研究員をしています。そんなエリート一家の中で、張康恵容疑者だけがエリート一家から脱落してしまったようです。

中学校の頃からだんだんと人の輪に入っていけなくなり、高校は不登校になって、結局中退してしまいます。大きな挫折を味わった張康恵容疑者は、就職もせずに友人の家を転々とする生活を送っていたようです。

メイクが派手になったのはこの頃からで、お金がなくなるたびに康恵容疑者は実家を訪れるようになっていました。母親とは外に聞こえるほどの大声で喧嘩をすることもあったようです。

エリート一家の中で、一人だけ落ちこぼれになってしまった張康恵容疑者。高校を中退し、ヤケになって性格が暴力的に変わっていったのかも知れません。

三浦咲子容疑者Facebookを特定「DVを止めようとした美人妻」十和田市

張康恵容疑者の犯行現場の住所を調査

張康恵容疑者は、長野県安曇野市豊科の木造2階建て住宅に住んでいた母親の明亜(めいあ)さんに暴行を加え、住宅に火を付けて焼死させました。住宅の現場は長野県安曇野市豊科までは判明していますが、住所までは特定できていません。

安曇野市豊科の地図はこちらです。

張康恵,住所

事件の現場の住宅はこちらです。

張康恵,住所

張康恵,住所

張康恵,住所

張康恵,住所

張康恵,住所

張よしえ容疑者が火を付けたのは、木造2階建て住宅で、白い外壁が印象的な木造2階建てです。この家に住んでいたのは、父親の張新月(しんげつ)さん58歳と、母親の明亜(めいあ)さん56歳です。

報道の映像を見ると、閑静な住宅街にある、綺麗で立派な家です。この家を見ていると、娘が母親に暴行し、焼死させるという凄惨な事件が起こるとは想像もつきません。おそらく、会社員の父親が頑張ってローンを組んで建てたマイホームなのでしょう。このような立派な一軒家で、どうしてこのような事件が起きてしまったのでしょうか?

【追記4/6】
張康恵容疑者の家族は、17年前にこの住宅を購入しました。家族念願のマイホームでした。父親は、庭の植物の面倒を見て愛車の手入れも欠かさない几帳面な性格でした。母親は、家庭菜園に勤しむ、切れ長の目の美人な奥さんとして評判だったようです。
【追記ここまで】

張康恵容疑者の国籍を調査

張康恵容疑者の国籍について調査しました。張康恵容疑者の父親の名前は張新月さん、母親の名前は張明亜さんです。3人共、日本人には珍しい名前だと思います。

張という名字は在日の方に多い苗字で、全国におよそ4,700人います。張という名字が一番多いのは東京で、事件の起こった長野県には少ない名字でした。「李、王、張」という名字は中国の3大名字で、日本で言うなら「鈴木、佐藤、高橋」みたいなもの。以上のことから考えると、張康恵容疑者は在日の可能性がありますが、断言はできません。

今の所、張康恵容疑者の国籍については不明です。新しい情報が入り次第、追記していきます。

【追記4/6】
張康恵容疑者の両親は共に中国の出身だったことがわかりました。康恵容疑者の両親は中国で結婚し、康恵容疑者を出産しました。その数年後に家族3人で日本へ移住しています。
【追記ここまで】

三浦寛道(ひろみち)Facebook「母親に自分の人生を奪われた」大分市

張康恵容疑者の犯行動機「借金を断った母親が許せなかった」

長野県安曇野市の閑静な住宅街で起きたのは、娘が母親に暴行し、さらに火を付けて焼死させるという凄惨な事件でした。娘のよしえ容疑者の年齢は26歳、殺された母親は56歳でした。母親と娘の間に何があったのでしょうか?

警察の捜査では、事件当時、よしえ容疑者は両親の家に在宅していて、父親は不在だったことが明らかになっています。また、よしえ容疑者が両親の自宅を訪れたのは借金を申し込むためで、それを母親の明亜さんに断られていたこともわかっています。

よしえ容疑者はお金を貸してくれない母親を憎み、殺したのでしょうか。よしえ容疑者は報道では無職で住所不定となっています。住むところもままならず、職も収入もなく、どうしようもなくなってついに親を頼ったところ、それも断れてしまった。母親なのに、娘の窮地を救ってくれなかった。康恵容疑者はそういった逆恨みをしたのでしょうか。

しかし、いくら借金を断られたからといって、暴行し火を付けるなんて、普通の26歳の女性にできることではないと思います。よしえ容疑者にはもともと暴力的な気質があったのでしょうか。

きちんと整えられた実家がありながら、無職・住所不定だったよしえ容疑者。父親と母親は、暴力的なよしえ容疑者とは一緒に住むことができずに、娘を独り立ちさせたのかも知れません。ですが、よしえ容疑者は一人でうまく生活をしていくことができなかった。よしえ容疑者はギャンブルやホストなどで借金を作ってしまったのかも知れません。

金にだらしなく、暴力的な娘。母親だけど、そんな娘には関わりたくない。明亜さんが借金を断ったのは当たり前だと思います。ですが、それがこのような結果に繋がるなんて、誰も想像できなかったことでしょう。

張康恵容疑者の事件の概要「曇野市」

  • 3月5日、長野県安曇野市の住宅の一部が焼け、張明亜(めいあ)さんの遺体が見つかる。
  • 3月29日、警察は殺人と放火の疑いで張康恵(ちょうよしえ)容疑者を逮捕。張康恵容疑者は、母親の明亜さんに暴行を加えた上、住宅に火を放った疑いが持たれている。
  • 張康恵は29日に、長野市内の集合住宅にいたところを任意同行された。警察は認否を明らかにしていない。
  • 捜査関係者への取材では自宅にあった石油ストーブの灯油をまいて火をつけたとみられる。事件の前からたびたび家を訪れていた

張康恵容疑者の事件の情報が入り次第、追記・更新していきます。

浜崎静香Facebook画像「結婚に焦っていた孤独な女」熊本県

コメント